Jの衝動書き日記

さらりーまんSEの日記でございます。

2020 中山

 先週で2019年は終わり競馬も終わった。そして年は2020年になりまた競馬も新たに始まっている。JRAでは先週の土曜日からだが地方競馬は元旦から開催されているそうだ。初詣で祈願してそのまま勝負できるわけである。なんと素晴らしい。とはいえ正月は実家でゴロゴロしているのでそんな自堕落なことはできななった。今週が初競馬なのである。良い年となりますように。

さて、年も変わったので今年からまた少々買い方を変えてみることにした。

通常は1レースにつき予算は1000円。そのうち単勝300円、複勝3頭で計600円、あとは抑えで人気薄の単勝を100円。そんな感じだった。

このうち抑えの単勝をやめてより自由度の高いチャレンジ枠として使用することにする。ある意味毎回100円をドブに捨てているようなものだったのでもっと活用するようにする。勝負により貪欲になろう(欲深いとも言える)。もっともその抑えに助けられたこともしばしあったけれども。

1月11日 1回中山3日

中山競馬場はすぐそばにあるので準備が楽でいい。洗濯を済ましてから出かけるぐらいの余裕がある。自転車を駐輪場で停めて側の神社でいつものように祈願を済まして馬の慰霊碑に向かうとすでにパドック周回が始まっていた。少々ゆっくりしすぎたようである。

では今年の初レースの開始だ!

最初こそそこそこのスタートだったがその後が振るわない。3Rでは複すら全滅したし。1番人気を買いたくても倍率の関係で断念し結局一番人気が来るというパターンにやられている。チャレンジはことごとく失敗した。気を取り直して昼食にしよう。

f:id:newWell:20200111113759j:plain

台湾食堂のビーフ

エレベーターで地下に降りてすぐ側にある店が以前あったものとは別になっていた。台湾食堂となっている。魯肉飯を買いたかったが予算の関係でビーフンにした。これはこれでおいしい。ただちょっと全体的に価格は高めな感じはする。まあ安さを求めるのであれば蕎麦・うどんなのだが早めにいかないとすぐ行列となる。

あと中山にもKASUYAが入っていた。こっちはそんなに行列になってないので狙い目かもしれない。

それでは後半戦スタートだ。

うむむ。単勝が勝てない。複全滅をまた食らったし。中山ではパドック解説を参考にできるのだがそれでもこの有様である。別にパドック解説が外れているというわけではない。きちんと来ているのだがあえて外したものがそのまま来ているのだ。オッズの関係で除外せざるを得ないのだがオッズ重視も少々考え直したほうがよいのかも。

あと8Rは障害なのでもうラジオの予想をそのまま参考にした。でも単勝が取れない。複勝は全勝したので三連複を買っておけばよかった。

残るはメインレースと最終レースのみである。本命はオセアグレイトで三連複で勝負。さて、結果は?

はい。駄目でした。本命は期待通り一着を取ったのだが一頭足りない……。素直に単勝を買っておけば…。

残るは最終レース。パドック解説で取り上げられた中で人気薄であるファムファタルを選択し単・複で勝負。頑張れ魔女!

中山12R 単負け 複引き分け

はい。これも駄目でした。これもパドック解説の馬が来てはいるのだがこちらが選択したのが来てくれない…。

それでは結果。

単勝:0勝11負

複勝:2勝8負1分

三連複:0勝1負

チャレンジ:9負

残金:4080円(回収率:34%)

単勝は一つも勝てなかったし複勝でもたった2つだけ。それでもかろうじてこれだけ残ったのは単純に賭けたレースが多かっただけ。遠征したときだったら3000円いかないだろう。

新年のはじめのレースは残念ながら敗者スタートとなってしまった。

店はもはや中山の敗者めし恒例と化しているまるはに行こうと思った。だがこの店には年末に行ったばかりなのだ。なのでその隣の店に久々に行くことにした。

店の名前はポカラ伯爵。インド……ではなくネパール料理の店だ。近くにある法典の湯に入った帰りにたまに行っていたのだが最近は行ったなかったしちょうどいい。お得なセットが確かあったはずだ。酒は残念ながら飲めないだろうけど。

f:id:newWell:20200111175736j:plain
f:id:newWell:20200111182530j:plain

f:id:newWell:20200111180201j:plain

Cセット(1500円)を注文した。二種類のカレーとナンを選べる。バターチキンカレーとサブカレー(野菜のカレー)にタンドリーチキンとシークカバブにパパドそれにサラダ。予算的にOKだったのでビールも頼んだ。するとおまけでパパドをくれる。それとチャイ。

ちなみにちょっと前にドクターペッパーマックスコーヒーを混ぜるとチャイになるというのが自分の中でブームだったが……、うんやっぱりチャイじゃないね、あれは。

散々な出だしとなったが明日があるさ。……そう思いたい。 

1月12日 1回中山4日

今日は掃除を済ませてから出かけるつもりだったがなかなか布団から出ることができなかったので結局あきらめた。その代わり伊勢屋によって昼食のおにぎりを買ってから中山競馬場へと向かった。この店でおにぎりを売っているのをBSイレブンで知ったからである。団子などの和菓子と一緒におにぎりを売っているとは知らなかった。

さて、昨日のレースをちょっと振り返ってみたがオッズを気にしすぎたかもしれない。特にチャレンジ枠を買うときに最低倍率を高めに考えていたので選択できずに時間も費していた。その結果、よく見えた馬を切ってしまうこともあった。

もともとパドックを見て買うようにしているのにこれでは本末転倒である。今日はちゃんと馬をもっと見るようにしよう。なるべくオッズは気にしないで買いたいのを買おう。チャレンジなわけだし。

ではレース開始だ。

1Rは1倍代の一番人気がいたため複勝が買いづらくワイドで買った。でもそれがよりにもよって来ない。未勝利の一倍代は来るときはあっさり来るが来ないときは複勝にすらこない。とりあえず今日は1倍代の人気は信用しないことにした。

あと2Rでは勝ちと書いてしまったがこれは負けの誤りである。全滅だ。

今日も荒れたあとは順当のスタートとなった。果たしてその後はどっちに転ぶのか。昨日は1・2・3番人気があまり勝てなかったから今日は勝率が上がると考えていたのだが最初から出鼻をくじかれた感じだ。さて、どうなるか。

 

見事に単勝をゲット! それも二連勝。4Rは完全にラジオ解説のおかげだ。3Rはこれまた複勝がオッズの関係で買えないためワイドに切り替えたのだがパドック解説で一位となっていた不人気馬が三着に入ってくれたおかげでなかなかの高配当となった。

午前中の時点で昨日を上回った。これはなかなか幸先がいい。いい状態で昼食を迎えた。

f:id:newWell:20200112114256j:plain

伊勢屋のおにぎりと三幸の豚汁と串カツ

もともとはおにぎりだけにするつもりだったが、勝ったので豚汁と串カツも追加した。おにぎりは3個で330円でやや小ぶりに見えるがみっちり詰まっていて具もでかい。とても美味しい。中山競馬場のときはもうこのおにぎりでいいかもしれない。今日は寒かったので温かい豚汁もとてもうまかった。

お腹を満たしたところで後半戦のスタートだ。

うむむ。勢いがピタリと止まってしまった。もしかして運を前半戦で使い果たしてしまったのだろうか?

6Rなんてすべてパドック解説で推奨していた馬ばかりだったのだがこちらが選んだ馬もパドック解説のものだった。つまり寄りにも寄って選んだものがすべて外れてしまったわけだ。

それにしても6Rはまさかパドックで周回を嫌がりピタリと止まっていた馬が来るなんて……。勝負はわからないものである。本当に。

8Rではまた単勝を取れたがその後がつながらない。10Rはオッズ的に単勝を買いづらかったので馬単に賭けたがこれも失敗。馬連にしておけば……。

メインレースは本命がデアフルーグ。以前この馬で単勝を取ったことがありしかも騎手はその時と一緒。昨日の反省を踏まえて単勝もちゃんと買った。さて結果は?

はい。駄目でした。よりにもよって軸にした馬だけ来ない。もっとも三連複はどちらにしろ外していたのだけど。

残るは最終レースのみ。昨日とは異なりそこそこの成績となっているのであとちょっとで勝利となるかもしれないと8Rまでは思っていたのだが結果は上記の有様だ。

こうなったら最後のレースは馬ではなく騎手で選ぼう。選ぶのはメインレースにも特別レースにも出ていない騎手達。きっと頑張ってくれるはずだ。

そして選んだのは木幡 育也騎手。実はこの騎手のことを自分の中では最終レースの男と勝手に呼んでいるのだ。去年の9月の中山でも助けられている。実は昨日の最終レースもこの騎手が取っている(オッズ的に単勝を買えなかったが複勝では買っていた)。

祈りながら最終レースのゲートが開いた。ポーンと飛び出したのは二番 トーラスジェミニ。木幡 育也騎手が乗っている馬だ! そのまま逃げてしまえ!! そう叫び続けた。しかし4コーナの坂で追いつかれそして抜かれる。……あぁ、これは駄目か。でも複勝であるいは……。そう思っていたら粘ってまた追い越した! そのまま逃げろ! 思わず叫んでいた。

はい。見事に勝ちました!! そしてなんと万馬券。抑えで万馬券を取ったことはあったけど本命にして万馬券を取ったのはこれが初めてだ。

ありがとう!トーラスジェミニ! 諦めずによく頑張った! そして木幡 育也騎手。さすが最終レースの男。いやもう最終レースの神だ!

そ、それでは結果だ。

単勝:4勝7負

複勝:3勝5負3分

ワイド:2勝2負

馬単:2負

3連複:1負

チャレンジ:6負

残金:58750円(回収率:490%)

史上最高の回収率となった!! まさしく最終レース様様である。もう文句なしの勝利だ。

そして勝利という名でまずは思いついたのがうなぎ。というわけで去年にも行ったうなぎ前むらへといった。開店時間よりも早く着いてしまったためポケモンGOをしながら時間を潰し(ついでにサカキも倒しておいた)開店時間と同時に店に入った。さすがに客は誰もいない。素晴らしい。心置きなく注文できる。

f:id:newWell:20200112171758j:plain
f:id:newWell:20200112172020j:plain
f:id:newWell:20200112172225j:plain
f:id:newWell:20200112172508j:plain
f:id:newWell:20200112172849j:plain
f:id:newWell:20200112174031j:plain

f:id:newWell:20200112175644j:plain

まずはお通し(かぶと串)と漬物盛り合わせで熱燗を一杯。ほどなくニンニクコロッケと焼鳥盛り合わせが届く。客がまだいないため早めに出た。

ここまでは去年と同じだ。しばらくすると白焼き(並)も出てきた。旨い。これぞ勝利の味だ。追加で熱燗とにんにく煮を頼んだ。にんにく煮はすぐに出てきた。これまた旨い。この店には色々なニンニクのメニューがあるが他のものもきっと美味しそうだ。ニンニクの品がよいのだろう。

熱燗を飲み終わる頃にうな重が来た。去年に叶わなかった念願の特上うな重である。某漫画のススメの通り一気呵成に食べ尽くした。

ふぃー満足、満足。

しかしまだ余裕があったので来る途中に気になっていたラーメン屋の丸源に入った。

f:id:newWell:20200112182521j:plain

本当は肉そばだけでよかったのだがつい唐揚げと餃子のセットを頼んでしまった。ちなみに写真では餃子は2個しかないが本当は3個である。ちょうど焼いていたのか餃子はすぐに出てきた。その後唐揚げと肉そばも時間をおかずに来た。結構客入りがよかったのでタイミングがよかったようだ。

この肉そばがとても旨い。うな重を食べたあとなのにスルスルと入ってしまった。しかす流石に食べすぎかかなり苦しくなってしまった。この苦しさもまた勝利の味……。

2019 阪神(2)

年が終わるのは早いものでもう12月だ。今年の競馬は今月で終わる。本当の意味での最終日は28日なわけだがその時は大掃除中のはずなので参加できない(大掃除なんてササボりたいのだが如何せん悲しき一人暮らしなのである)。

今年の競馬は勝ったり負けたり……というか負けのほうが圧倒的に多かった。そんな年の最後の締めくくりとなる舞台は阪神競馬場だ。

去年はここで万馬券を当てさらに有馬記念でも見事に3連単をゲットした。年の最後にふさわしい舞台だ。ぜひここで勝っていい年終わりとしたい。

12月21日 5回阪神7日

今日は5Rからの参加だが家を出るのは6:30と早い。はっきり言って眠い。でも寝過ごしたら大変なのでウトウトしながらも必死に眠気と戦いながら阪神競馬場へと向かった。

予定通りの時間に着いたのでまずは腹ごしらえだ。

f:id:newWell:20191221113053j:plain

屋台村 阿わたのお好み焼

今日は最後なので昼食予算は1000円を確保していたのだいつものケチ根性で安いものにしてしまった。美味しそうなものが出店でもあったので明日はそちらで食べることにしよう。

阪神競馬場にも馬頭観音があるのはわかっていたので今年はちゃんと参拝しておいた。ポケモンGoではジムになっていたからなんとか場所はわかった(ポケストップの数が多くて迷ったけど)。

さて、それでは勝負開始だ!

相変わらず単勝が勝てない。複勝でかろうじて踏みとどまっている感じだ。少なくとも去年よりはマシな結果にはこの時点ではなっている。ここらでそろそろ勝ちたいところだ。

9Rは京都の菊花賞で推し馬としたメロディーレーンが出走する。これはぜひ買わねばならない。

さてパドックはどうか。……なんか凄い入れ込んでいるんですけど。首ってそこまで曲がるんだってぐらいにやたら下に曲げているし。だ、大丈夫なのかな、これ?

だが推しにした以上引くわけにはいかない! 祈りを込めて馬券を買い勝負を見守った。

はい。駄目でした。4着にまで来たのは流石だがやはりパドックで見た通り結果がイマイチ。次走に期待しよう。

10Rは勝ち馬券を当てたことがあるマスターフェンサーが出走する。推し馬ではないが勝利の縁はやはり大事にしたいのでこういった馬は買うことにしている。

はい、これも駄目でした。今回は勝利の縁がなかった。ハンデ戦はいつも読み間違えるなぁ…。

阪神競馬場パドック解説を聞けるのだがどうも結果に結びつかない。自分が狙った馬がことごとく外れている。次いこう、次。

 今日のメインレースはG2阪神カップ。◎グランアレグリア馬単を買う。

これは見事にゲット。まあ、1-3番人気だからそんなにはつかないが今日獲得した金額としては一番大きい。

最終レースは荒れを期待して人気薄に賭ける

しかし、違う人気薄が来てしまった。だが最終レースは若手に賭けるというのは方針としてはアリなのかもしれない。

というわけで結果。

単勝:0勝5負

複勝:1勝4負2分

ワイド:0勝2負

馬連:0勝1負

馬単:1勝2負

3連複:0勝3負

3連単:0勝1負

残金:4300円(回収率:53%)

結局単勝は一つも取れなかった。まあメインレースは当てられたのである程度は満足ではある。パドック解説があるというのにこの有様は無様であるが解説があったからこれでなんとか済んだとも言える。

そういえば去年は帰り際に有馬記念の予想号外配っていたのだが今年はそれが見られなかった。どうやら貰い損なってしまったらしい。予想当てにしていたのにどうしよう。

不安を抱えながら大阪へと戻った。今日はここのカプセルホテルに泊まるのだ。

その途中に立ち飲み屋がいくつかあるのでそこで夕食を取ることにした(事前に立ち飲み屋の場所を調べるあたりすっかり負け根性が染み付いてしまっている)。

スタンド酒場ずいきがちょうど空いていたので入った。立ち飲み屋だがちょっとオシャレな感じのところだ。事前に調べてなかったたぶん進んでは入れないだろう。結果としては入ってよかった。

f:id:newWell:20191221202234j:plain

f:id:newWell:20191221203736j:plain
f:id:newWell:20191221204417j:plain

おばんざい三種盛り(鳥と大根とこんにゃくの甘辛煮、ゆず白菜浅漬、ホイコーロ)と枝豆ペペロン炒め、洋風土手煮込み、コロッケ、あと生ビールにレモンサワー。

おばんざいは黒板に書かれているメニューから選ぶ。どれも美味しかったが洋風土手煮込みがオススメだけあって特にうまかった。

あとコロッケは揚げてから油切りしているのを店主が忘れてしまっていてわざわざ新しいのを揚げ直してくれた。あと忘れてあったのもおまけでもらってしまった。なんて敗者に優しいんだ。なんか悪かったけど。2110円(税抜)

 その後カプセルホテルに行ったがまたもやいびきに悩まされた。なんかこう先月に引き続いて運が悪い……というかカプセルホテルに行くと高確率でいびきがうるさい人の近くになるのはなぜなのだろうか。耳栓はやはり必須である。

12月22日 5回阪神8日

7時に起きるつもりだったが6時ちょっと前に目が覚めてしまった。このまま二度寝しようかと思ったがいびきがうるさくてストレスが貯まる。なので朝風呂することにした。

その後朝食を食べたがまだ競馬場に行くには早い時間だ。さて何をしてようか。ふと新聞の欄をみたらスポーツ新聞があったので有馬記念の参考にした。

推し馬であるスカーレットカラーも参戦するが倍率が100倍を越えている。本来はこんな倍率がつく馬ではないのだが。しかしあのアーモンドアイも参戦することからちょっと厳しいか。紙面をみて買い目を考えていたらちょうどよい時間になったのでホテルを出た。

大阪は地下道がそこら中にあるのでちょっとした地底人気分になる。あとiPhoneの地図が役に立たない。なにせ地下は位置情報が取りづらいので現在地がわかりづらい。かといって地上に出ると道路が幅広いので横断がまた大変で回り道になってしまう。余裕があったはずなのにギリギリになってしまった。

今日は阪神競馬場では重賞はないが有馬記念のためか人がかなり多かった。馬頭観音でお参りを済ましてさあ、勝負開始だ!

今日も相変わらずしょぼい。4R終わってほぼ昨日と同じような状態になってしまった。昨日、今日と一番人気以外が来てないわけではないが一番人気だと倍率も低いため賭けづらい。馬連も微妙なので馬単を買えってことだろうか。でも複勝も当たってないんだよね……

さて昼食だが実は4R前に買っていた。4Rを見終わったあとにでも食べるつもりだったが難しくなってしまった。

f:id:newWell:20191222112155j:plain

外の出店の豚丼と牛すじスープ

そう、このスープには蓋がついておらず流石にこんな状況での観戦は厳しかったのだ。なんとか座れるところを見つけたもののレースは見えない。仕方がないのでラジオを聞きながらの観戦(聞戦?)になった。まあ結果は見ての通りの惨敗だったけど。

昼食を食べ終わってのんびりと5Rのパドック周回が始まるのを待つかとパドックに行ったら周回がすでに終わっておりジョッキーが騎乗していた。あれ? どうやら今日は有馬記念のため昼休みは5Rのあとであったらしい。

慌てて馬の状態を見ようとしたが時既に遅し。ただ障害レースだしどうせ見てもわからない。ならばいっそのことラジオの解説だけを参考にして買ってみよう。

でこれが見事に的中。一番人気だったけど馬単でそれなりの配当となった。だが4Rまでは惨敗続きだったのでこれでようやくトントンぐらいだ。障害レースは見てもわからないからもうラジオだけを参考にしてもいいかもしれない。

その後も相変わらず単勝は取れないが複勝はそこそこ調子がいい。

10Rでようやく単勝をゲット。ワイドも取れた。追加の飯でも買おうと思ったが有馬記念パドック周回が始まっていたので買わなかった。5R後にでも買っておけばよかったかも。

さてその有馬記念だが……結果は惨敗。まさかアーモンドアイがあんな無様な負け方をするとはちょっと意外だった。そして我が推し馬のスカーレットカラーはビリから二番目。これじゃあ人気薄になるのも仕方がない。それにしてもリスグラシューは強かった。

失意のまま後続レースに望んでいく。メインレースは有馬記念が終わったためか人もまばらとなっていた。◎はアールスターで望んだが……

結果は惨敗。そして最終レース。

これも惨敗。結局一番人気が来てしまった。

はい。それでは結果。

単勝:2勝9負

複勝:2勝7負1分

ワイド:1勝2負

馬単:1勝1負

3連複:0勝1負

残金:9510円(回収率:79%)

昨日よりもマシな結果ではあるが負けは負けだ。有馬記念のあたりから雨が降り始めており寒さが敗者の身にしみる。結局去年のように大勝利とならずに惨敗で年をこすことになりそうだ。

仁川駅は人で溢れていたこともあり駅近くの店で夕食をとることにした。竹千代という焼き鳥屋だ。

f:id:newWell:20191222165428j:plain
f:id:newWell:20191222170525j:plain
f:id:newWell:20191222171218j:plain
f:id:newWell:20191222172624j:plain
f:id:newWell:20191222172937j:plain

上きも、ゆずごしょう焼き、梅しそ焼き、手羽先明太、豆酩(とうべい)、おでんの盛り合わせ。あと生ビールとゆずサワー。

味は申し分なく特に豆酩がうまかったが提供にやや時間がかかっていた。なにせ焼き鳥が焼けるまで待つつもりで頼んだ豆酩は結局焼き鳥のあとに来たぐらいだし。店主が一人で回しているから仕方がないのかもしれない。のんびりと待つのが吉な店ではある。

4160円(税込)。思っていたよりも金額がいっていた。あ、お通し代考えてなかったかも。ラーメン食べて帰るつもりだったが足が出てしまうのでスーパーでパンを買って帰った。

2019 福島(2)

11月9日 3回福島3日

11月になってぐっと冷え込んできた。朝から寒かったが福島に着いてもそれは変わらない。もっとも寒さについては去年で身にしみてはいるので多少は厚着はしてきている。ただセータとかはいかにも冬という感じでちょっと大げさすぎる。ちょうど良い感じの上着がないのが悩ましい。
今日は重賞がないためかわりと空いている。天気は晴れでひなたにいれば温かい。懐具合も同様に温かくなればいいのだが。
今日は5Rからの参戦なので先に昼食を取った。

f:id:newWell:20191109105257j:plain

花月寿のとりそば 大根おろしは二杯まで無料

馬場内広場では肉の試食コーナーとかあった。行列ができていたのでスルーしたが。今日は競馬に来ているのだ。どうせなら勝って好きなだけ食べたい。
前回の反省から無闇に1~3番人気を避けるのは辞めることにした。それでなくとも福島はパドック解説が聞けないため参考にできる情報がない(競馬新聞買えってことだろうがケチって買ってない)。
ただ福島競馬場では1勝クラスのダート戦がわりと1~3番人気以外が来ることが多い。これらのレースで狙っていきたい。
では勝負だ。

 

2,3番人気を避けるのをやめてもこれである。一番人気ばかり来る。だが一番人気は倍率が低いので買っても損してしまう(複勝が三頭当たることなど滅多にない。当たるのであれば3連複買う)
そんな中9Rでようやく人気薄のが来たのだが外してしまう。枠番は狙い通りだったのだが……。選ぶか迷った挙げ句より人気が高い方をあえて選んでしまったのが逆効果だった。競馬とは自分との戦いなのだなぁ。

最後までぱっとしなかった。しかも10Rは馬連当たっていたのだが馬券捨ててしまった。

いつも放送で勝ち馬投票券は確定がでるまでお捨てにならないでくださいってアナウンスがありそんな人いるのかなーなんて思っていたのだがここに居ました……。

ワイドと馬連を流しで買っていたのが仇となってしまった。といっても当たったのは450円なのだけど。

はい。それでは結果。
単勝:0勝6負
複勝:0勝7負
ワイド:0勝4負
馬連:1勝3負(※ただし馬券捨てたため獲得金なし)
3連複:0勝1負
獲得金:800円(回収率:10%)
か、獲得金が1000円を下回ってしまった! 競馬を始めてから史上最低額を更新してしまった……。くそぅ、馬券捨てなければ1000円は上回ったのに(それでも低いけど)。
こんな有様では飲むことなど当然できない。バスには乗らずトボトボと福島駅へ向かった(もっとも混雑するから当初からバスに乗って帰るつもりはなかったけど)。
今日は近くにある飯坂温泉に宿を取っているのでそこへと向かう。夕食なしだがそんなにはしなかったのでどうせならと予約したのだ。できれば勝って凱旋したかったなぁ。
夕食は宿の近くにある万来で取った。

f:id:newWell:20191109175406j:plain

餃子定食700円(税込)。当初は飲んだ帰りの締め餃子の店として考えていたのだがまさかメインの店になるとは……。
宿の風呂には洗面用の蛇口がなく源泉かけ流しの風呂から湯をとって自分で水を入れるという見慣れないスタイルだった。湯がとても熱いため水入れて調節して入るそうだ。体に水をかぶって冷ましつつ出たり入ったりを繰り返した。なかなか満足できる湯だった。
ただ夜には隣の客のいびきに悩まされた。昔の宿のため防音性は低い。まさかカプセルホテルでもないのにいびきに悩む事態になるとは……。ただ耳栓はバッグに常時してあるためなんとか眠れた。

 

11月10日 3回福島4日

朝起きてから朝風呂に入った。普段は朝風呂などしないがやはり温泉地に来たのであれば当然する。早めに宿を出たためか競馬場には歩いても十分1Rのパドックには間に合いそうなのでバスには乗らずに徒歩で行った。これで昼食代グレードアップできる(予算は500円なのだ)。
途中に馬頭観音を祀っている寺があったので参拝しておいた。また福島競馬場にも馬頭観音碑はやはりあった。中央口の側にあった。いつもバスで行くときは南口から入っていたので気づかなかった。ちなみに馬頭観音碑はポケモンGOで見つけた。下手に案内図などを探すよりもポケモンGOで調べたほうが早そうだ。いつもポケストップがジムになっているようだし。
今日は重賞があるためか人が多い。駐車場も早々と満車となっているようだ。
さて、それではレース開始だ。

2Rで単勝を取れたので幸先がいいがその後が続かない。結局午前中は負けとなった。まあ昨日よりはかなりマシだけど。
昨日は馬場内広場で芋煮が売っているのを見つけたので今日はそれを昼食にしようと思っていたのだがすごい行列ができていたので諦めてファーストフードコーナーへと向かった。

f:id:newWell:20191110112643j:plain

勝鶏どんどんの勝丼

4月にはケチっていたので今回はちゃんとカツ丼にした。
午前中の状況は二番人気と三番人気が単勝に来ている。荒れるとしたら午後からだろう。今度こそ取りたい。それでは後半戦スタート。

福島6R 単負け 複全滅 ワイド全滅 馬連全滅

福島8R 単負け 複負け越し 馬連負け

1~3番人気以外が来るというレースが三つ続いた。が、いずれも取りこぼしてしまった。雨でもないのにこれ荒れっぷりは何なのだろう。荒れるとの予想だけは当たったがそれだけだ。

流石に今日はもう荒れないだろうと思っていたが甘かった。まさかまた1~3番人気以外が来るとは。それも二回も。もっとも10Rは複勝をすべて当てたので狙いがずれていたわけではなさそうだ。運がなかっただけ。

メインレースも念のために買っていた固い組み合わせでかろうじて拾えただけだった。最後も無難にいったのが結局仇となってしまった。今日は荒れ模様のレースなのだから最後はそれに賭けるべきだった。まだまだ勝負カンが鈍い。

はい。それでは結果。
単勝:1勝10負
複勝:1勝10負
馬連:0勝2負
ワイド:0勝5負
3連複:0勝1負
獲得金:6400円(回収率:53%)
昨日より大分マシだがでも結局のところ負けである。今日も残念ながら敗者めしだ。
福島競馬場のレースは16時には終わるのだが飲み屋などが開けだすのはだいたいが17時以降だ。だが今日はちょっと早めの新幹線(18:15)に乗る必要があり悠長に待っている余裕もない。福島駅近くですでに空いている店がないものかさまよい歩いて見つけたのがぎんぶたという店である。価格も敗者に優しいし何よりもハイボールなどが19時までは半額で飲める。ここにしよう。
店内に入ると立ちのみ席と座席があった。立ちのみ席のほうが満席だったので座席に座った。

f:id:newWell:20191110170402j:plain
f:id:newWell:20191110170909j:plain
f:id:newWell:20191110171443j:plain
f:id:newWell:20191110171618j:plain
f:id:newWell:20191110173536j:plain


なんこつポン酢、エイヒレ炙り、串盛り合わせ、ホルモンきのこ炒め、ホルカラ(ホルモンの唐揚げ)、赤坂ハヤシライスにモツスープ。あとハイボールが二杯。
ハヤシライスが食べ慣れている味とはちょっと違う(生姜が効いている?)がうまかった。
2980円(税抜)。
他の店ももう少し早く開いてもらえるとありがたいのだけど。寒空をさまようのはなかなかつらい。特に敗者には。

2019 京都

京都には先週行くつもりだったが台風で遠征を延期せざおらなければならなかった。ホテルも前日にキャンセルした。流石にこんな直前で京都で(安い)ホテルは取れまい。案の定取れなかった。しかし別に旅行ではないのだから京都にこだわる必要はないのではと気がついて大阪で探すとちょうどよいカプセルホテルが見つかったので無事遠征に行けることになった。
なかなか予定通りにはいかない京都行きだったが競馬はそうはならないよう願いたい。

10月19日 4回京都6日

先週台風が来たばかりだというのに今日の天気は雨。それも関東地方では大雨となるらしい。難儀なことだ。
京都では雨は降っていなかったが午後からは雨となるらしい。ちょうどメインレース頃か。これは荒れるかもしれない。不謹慎ながらちょっと期待してしまう。
関東は雨ということなのでまた電車が止まったらかなわんと早めに出たためか予定よりも早く京都競馬場に着いた。
ただ予算は限られているので参加するのは5Rからとなる。なので昼食を先に済ますことにした。他の競馬場に比べるとレストラン形態の店が多い気がする。出店形態の店はフードコーナーに多いが会場中に点在している。5Rまでは時間があるので店探しでぶらついた。

f:id:newWell:20191019112239j:plain

ホットドック(カレー味)とコロッケドック  店名は不明

ちなみにコロッケドックもカレー味だった。2つで500円。なかなか安い。
さて、それではレース開始といこう。

5R開始の頃には天気は晴れてきた。これは幸先がいいかもしれないと思ったが結果はそうではなかった。
相変わらず複勝しか当たらない。単勝で来るのは一番人気ばかりだ。たまに一番人気以外のものが来てもそれを外すという有様。
重馬場だが以外と場は荒れていない。10R頃からは雨が降ってきた。メインレースのパドック周回では大雨になっていた。
その中で元気がいい馬とイマイチの馬がいる。これは期待できるかも……!

はい。結果は駄目でした。一番人気が来てしまいました。レース開始の頃には雨は小康状態になるなんて想定外だった。あの調子で雨が降っていたらどうなっていただろうか。最後の12Rも波乱は起きなかった。
それでは結果。

単勝:0勝8負け
複勝:1勝7負け
ワイド:1勝1負け
馬連:0勝1負
3連複:0勝2負け
残金:2550円(回収率:32%)


8レース中一番人気以外が来たのは3回だけ。その三回をすべて取りこぼしたのでこうなる。なかなか厳しい。思ったよりも場が荒れなかった。
今回も残念ながら敗者めしである。しかしこの残金ではロクに飲めないな。ということでBSイレブンで紹介されていたラーメン屋に行くことにした。
京阪本線出町柳まで行き叡山電鉄一乗寺駅まで行くとそこには極鶏というラーメン屋がある(もっともこの界隈はラーメン屋ばかりなのだが)。
いつもは行列が出来ているそうだが今日は大雨が降っていたこともありすんなりと店内に入れた。

f:id:newWell:20191019173732j:plain

極鶏の鶏だく

あとご飯も頼んだ。ご飯はおかわりできる。腹ペコだったので先にご飯だけ食べた。評判とおりレンゲを立てられるほど濃厚なスープである。スープは飲むというよりも食べるといったところだろうか。残ったスープにご飯をぶっこんで食べるのが至福である。
正直ラーメンを食べにくるだけでここまで来るのは微妙に思ったが来たかいはあったというものだ。ご飯と合わせて950円。
だが今度は勝利めしの締めとして訪れたい。

10月20日 4回京都7日

急遽泊まることになったカプセルホテルだがなかなかよいところだった。サウナが3つもあって楽しめる。もっとも一番おもしろかったのは雑魚寝している客の様だったのだが。朝起きて朝風呂に入ってから休憩スペースを覗いたらアザラシのような群れが出来ていた笑った。
大阪から京都はすぐ近くなので別に京都にこだわる必要もないのかもしれない。
今日の天気は晴れ。だが馬場は昨日の雨で重だ。……ん? 芝は稍重? 昨日はあんなに雨が降ったのに回復が早い。今日はあんまり荒れないかもしれない。
それではレーススタートだ。

うむむ。今日も冴えないまま午前を終えてしまった。4Rは勝ち越しはしたが複勝で賭けた総額を下回っているので実質負けだし。10倍以上に賭けるという方針はまずいのかもしれない。一番人気はともかくも二番・三番人気は無視はできないかも。
後半戦入る前に昼食だ。今日は晴れで菊花賞もあるためか人が多い。座れるベンチなどどこにもなかった。たこ焼きを買ったが座るところを探しているうちにパドック周回時間になってしまったので二階からパドックの様子を見ながらたこ焼きを食べた。

f:id:newWell:20191020115442j:plain

たこ焼き 最安値の250円

昼食代をちょっとだけケチったのは菊花賞をより多くの賭金で望みたいからだ(きちんと当てていればそんな心配もないのだが)。
そんな涙ぐましい努力は報われるのか? それでは後半戦スタート!

……複勝全滅が二回もある。昨日よりは一番人気は来ていないがその分三番人気がよく来ている。しかし10倍未満なので買えていない。
それでもまあなんとか菊花賞につぎ込む分は確保できた。G1のような大舞台では乗り換えをしていない馬が勝つべきだと勝手に思っているのでそれを軸に賭けた(とはいえパドック推奨馬も見逃せない)。

ヴェ、ヴェロックスぅ!! せめて二着に来てくれぇ!! もうため息しかない。
やけくそ気味に賭けた最終レースも見事に惨敗した。
とはいえ直前乗り換えをしていない馬が二頭入ったので結果は満足している。当てれば言うことなかったけど。
あと驚いたのはメロディーレーン。340kgという体に55kgという重量はさぞ重いだろうと思っていたが5着に入った。しかも推定上がりは一番と来ている。これは推し馬にしたい。
さて、それでは結果だ。
単勝:0勝11負
複勝:1勝9負
ワイド:0勝3負
馬連:0勝1負
馬単:0勝1負
3連複:0勝6負
3連単:0勝1負
残金:3530円(回収率:29%)


昨日の時点で一番人気はやはり無視できないと3連複買っているのだがちっとも当たらない。あと一頭がいつもこない。
というわけで今回も敗者めしとなった。
淀駅周辺の店で飲みたかったが残金ではそれも難しそうなので京都駅へと向かった。いくつか立ち飲み屋があるのを調査済だ(ある意味負け戦を考慮していたとも言えるが……。そんなんだから駄目?)。
しかし目星を付けた店はいずれも入ることは出来ず途方にくれていたら中華の店が目に入った。生ビールセットが980円とある。もうここでいいか。中光園という店に入った。

f:id:newWell:20191020202143j:plain
f:id:newWell:20191020202750j:plain
f:id:newWell:20191020203804j:plain


生ビールと棒々鶏に中華風冷奴に餃子。あと一品として皮豆腐の和え物(拌豆腐皮)。セットは某中華チェーン店のようなジャストサイズのようなものかと思っていたが以外と量があった。皮豆腐の和え物も美味い(ビールを飲みきってしまっていたのが残念だ)。あれ? これはなかなかお得なのでは? 単品こそ少々高めだがセットの料金は安い感じがする。1760円(税込)。
まあ接客がやや中国クオリティなことに目をつぶればなかなかよい店かもしれない。
連日に渡る惨敗ぷりに京都が嫌いになりそうだったがこの店で持ち直せた。

SpringBoot2.2移行検証

今年は競馬ネタばっかりだったのでたまには技術的なネタでも書いてみることにする。
ちょうどお仕事でSpringBoot2.2の移行検証をやったので忘備録的に残しておく。

はじめに

お仕事でSpringBoot1.5系を使っていたがSpringBoot1.5は2019年8月にEOLを迎えた。
そのためバージョンアップをそろそろ検討しなければならない。
現在のSpringBootの最新バージョンは2.1.9だ。
ではこれに変えればいいのかというと一つ問題がある。
SpringBootが依存しているSpring Frameworkは5.1系なのだが2019年12月にはEOLとなってしまう。
EOL対応をしてもまたすぐEOLを迎えてしまうのは微妙なのでまだPRE版だがSpringBoot2.2を試すことにした。

※現在はすでに正式版のSpringBoot2.2が出ています。

 

前提

お仕事プロジェクトのざっくりした構成は以下のようになる。

 

またプロジェクトで利用している主なミドルウェア・ライブラリは次の通り

  • Java v1.8(Oracle JDK)
  • MySQL 5.7.x(5.7.27)
  • tomcat v8.5.x(8.5.40)
  • jetty v9.4.5
  • SpringBoot v1.5.12
  • Thymeleaf v2.1.6(SpringBoot依存)
  • MyBatis v3.4.4(mybatis-spring-boot-starter v1.3.0依存)
  • Swagger v1.5.10(springfox-swagger2 v2.6.1依存)
  • Lombok v1.16.16(SpringBoot依存)
  • maven v3.5.2
  • SpringToolSuite(STS) 3.8.x(3.8.4)

上記構成でSpringBoot2.2.0.RC1を試してみた。ちなみにJavaVMをOpenJDKに変えて検証した。

 

検証まとめ

はじめに検証結果を先に書いておく。検証手順および理由は後で書く。

  • ミドルウェアの対応が必須
    • jettyを9.4.5から9.4.9以上に上げる必要がある
    • tomcatの起動オプションに-Dspring.jndi.ignore=trueを追加する必要がある
  • 一部クラスのパッケージ名・利用メソッドの変更が必須 → コンパイルエラーがたくさん
  • プロパティファイルの変更も必須

 

検証手順

事前情報

SpringBoot1.5系からSpringBoot2系へのマイグレーション情報があるためまずはそれを読む。
https://github.com/spring-projects/spring-boot/wiki/Spring-Boot-2.0-Migration-Guide

 

pom修正

pom.xmlの依存関係の修正をおこなう。
現行プロジェクトでは親プロジェクトの下にそれぞれモジュール毎の子プロジェクトが存在する。
STSでSpringBootプロジェクトを作成するとデフォルトの親プロジェクトはSpringBootとなるがこの依存は外している。
代わりに親プロジェクトに依存関係としてplatform-bomを追加して利用していた。
だがすでにこれはEOLを迎えているため代わりの定義が必要になる。

<dependencymanagement>
    <dependencies>
        <dependency>
            <groupid>org.springframework.boot</groupid>
            <artifactid>spring-boot-dependencies</artifactid>
            <version>2.2.0.RC1</version>
            <type>pom</type>
            <scope>import</scope>
        </dependency>
    </dependencies>
</dependencymanagement>

 またSpringBoot2.2はまだmavenのセントラルレポジトリには登録されていないのでレポジトリ指定も必要。

<repositories>
     <repository>
          <id>spring-snapshots</id>
          <url>https://repo.spring.io/snapshot
          <snapshots><enabled>true</enabled></snapshots>
     </repository>
     <repository>
          <id>spring-milestones</id>
          <url>https://repo.spring.io/milestone
     </repository>
</repositories>
<pluginRepositories>
     <pluginRepository>
          <id>spring-snapshots</id>
          <url>https://repo.spring.io/snapshot
     </pluginRepository>
     <pluginRepository>
          <id>spring-milestones</id>
          <url>https://repo.spring.io/milestone
          </pluginRepository>
</pluginRepositories>

STS上で親プロジェクト右クリック>Maven>update projectを実施する。ちなみに事前にBuild Automatically(Buildメニュー)は一時的に無効にしておいたほうがいい。一気にビルドが走るため非常に時間がかかる(というかSTSが死んだ)。一つ一つ子プロジェクト毎にビルドすること。
このときコンパイルエラーが山程出るので修正することにする。

 

ソース修正

まずはコンパイルエラーレベルの修正をする。

  • パッケージの変更

SpringBootServletInitializer,ErrorController,ErrorAttribute,LocalServerPortsなどが変わっている。このあたりはSTSでCtrl+Shit+Oで一発。らくちん。

 

  • 引数の変更

RestTemplateBuilderのsetConnectTimeoutやsetReadTimeout。引数がintからDurationに変わっている。時刻関連の扱いは基本的にDurationになったっぽい。

.setConnectTimeout(profile.getConnectTimeout_msecs()) → .setConnectTimeout(Duration.ofMillis(profile.getConnectTimeout_msecs()))

ErrorAttributes.getError。引数がServletRequestAttributesからWebRequestに変わっている。

 

@NotEmptyと@NotBlankが非推奨になった。正確にはorg.hibernate.validator.constraintsパッケージのものが非推奨となった。

標準のjavax.validation.constraintsに変更。これに伴いmessage.propertiesにエラーメッセージ(日本語)を追加。

javax.validation.constraints.NotBlank.message=必須項目です。

 

org.springframework.http.MediaType.APPLICATION_JSON_UTF8が非推奨となった。これによりapplication/json;charset=UTF-8というContent-Typeは非推奨となった。APPLICATION_JSONに置き換えた。単体試験で大量に使っていたためSTSで一括置換。便利。

 

  • 設定ファイルの警告修正

設定ファイルの設定名が変わっているため変更。ちなみにプロパティファイルの警告はSpring Yaml Properties Editorで開かないと警告はでない。

spring.messages.cache-seconds → spring.messages.cache-duration
endpoints.enabled → management.endpoints.enabled-by-default
endpoints.health.enabled → management.endpoint.health.enabled
server.context-path → server.servlet.context-path ※jar起動しているアプリケーションのみ
security.filter-order → spring.security.filter.order
endpoints.health.path → management.endpoints.web.path-mapping.health
上記のものはエディタ上でエラー表示と共に何に変えればいいか出力されるのでそれに従えばよい。


security.basic.enabled
security.enable-csrf
management.security.enabled
これらはWebSecurityConfigurerで定義するようになった。プロパティによる有効・無効の切り替えは不可能になった。環境毎に変えたければ独自のプロパティを作成してWebSecurityConfigurerで設定する感じになる。
お仕事のプロジェクトではデフォルト設定(BASIC認証は無効でCSRFチェックは有効)で問題ないためプロパティを削除するのみ。

 

management.endpoints.web.base-pathの設定を追加。healthチェックなどはデフォルトだと/actuator/healthなどとtopが変わる。既存踏襲とするために設定を追加した。

 

単体試験による確認

事前準備としてpowermockのバージョンを2.0.2に変更した。SpringBoot2系ではMockito1.xからMockito2.0に変わったため。以下は単体試験実施時に発生したエラーをもとに修正した内容になる。

  • 振る舞いが変わっている

org.springframework.http.HttpStatus.toString()の応答結果がStatusコード(数値文字列)からコード+名称に変わった。 例えば404は404 Not Foundと返る。

 

  • Thymeleafのjson変換方法が変わっている

お仕事プロジェクトではWebサーバにおいてJSへデータを渡すためにThymeleafにてjavaオブジェクトをjsonに変換して書き出しているがその書き出し内容が変わっていた。

enumの出力が{$type:string, $name:string} からstringへ変わった。

 例) Hoge.ONE → {'$type':'Hoge', '$name':'ONE'} → "ONE"
・stringの括りが'から"へ変更。

 

  • 応答結果の検証(assert)が文字化けのためエラーとなる

MediaTypeがapplication/jsonとなったことに伴い、応答結果の検証で日本語部分が文字化けてエラーとなってしまう。
具体的にはMockMvcを使った以下の検証が文字化ける。

mvc.perform(post("/hoge")
~略~
.with(csrf()))
.andExpect(status().isOk())
.andExpect(content().string(containsString("\"message\":\"エラーなんだけど?\"")))

今まではContext-Typeがapplication/json;charset=UTF-8となっていたため問題なかったがcharsetがなくなったことにより単体試験実施端末のデフォルト文字コードエンコードされるようになり不一致となった(Windows上で実施)。
これはjsonとして明示的に比較すればきちんとUTF-8エンコードされるようになる。

.andExpect(jsonPath("$.message").value("エラーなんだけど?"))

 

また、比較項目が多数あるため直接jsonとして比較していたものも同様のエラーが出ていた。

.andExpect(content().json(JsonUtil.convert(expectedList))) → JsonUtilでリストをjson

この場合は、byteとして直接変換すればよい。

byte expectedContent = JsonUtil.convert(expectedList).getBytes(StandardCharsets.UTF_8);
~略~
.andExpect(content().bytes(expectedContent))

 

  • エラーの応答結果が文字化ける

応答結果がエラーの場合(HttpStatusが400系か500系)の応答結果をjsonからJavaオブジェクトに変換すると日本語が文字化けている。これはお仕事プロジェクト固有の問題。
プロジェクトではエラー応答の場合、HttpStatusCodeExceptionからresponseBodyを受け取り(jsonの想定)それをjavaオブジェクトに変換している。
このresponseBodyはgetResponseBodyAsStringで受け取っているがこの処理はbyteをDEFAULT_CHARSETでString化している。このDEFAULT_CHARSETは実行している環境で変わる。実行している環境はWindowsであるためUTF-8ではエンコードされず文字化けた。
対応としてはgetResponseBodyAsByteArrayで応答結果をbyte[]で受け取りそれをUTF_8でエンコードするように処理を変更した。

 

  • ErrorControllerのdispatchが変更

error(HttpServletRequest req, HttpServletResponse res, WebRequest webRequest)のreqのMethodはエラーが発生した元のmethodだったが、変更後はreqのMethodはDispatch後のメソッド(GET)になった。

この影響もプロジェクト固有の問題。プロジェクトではHttpRequestMethodNotSupportedExceptionが発生した時のエラー処理においてエラーが発生したHTTP Methodを取得するためにreqから取得していたがこれがNGとなった(DELETE非サポートの確認でログ上にはDELETEと出力されるはずがGETとログ出力されている)。HttpRequestMethodNotSupportedExceptionからMethodを受け取るように処理を変更した。

 

 起動による確認
  • apiサーバ(DB)が起動しなかった

tomcat上(STSではPivotal tc Server上)で起動しなかった。tomcatv9.0でも駄目。SpringBootアプリケーションとして起動するとなぜか起動した。
起動しない場合は以下のエラーが出る。エラー箇所は常にParameterMappingではなくResultMapになるときもあった。

Description:

Failed to bind properties under 'mybatis.configuration.mapped-statements[0].parameter-map.parameter-mappings[0]' to org.apache.ibatis.mapping.ParameterMapping:

  Reason: Failed to extract parameter names for org.apache.ibatis.mapping.ParameterMapping(org.apache.ibatis.mapping.ParameterMapping$1)

Action:

Update your application's configuration

tomcatのVMオプションに-Dspring.jndi.ignore=trueを付けることで起動するようになった。ちなみにspring.propertiesに左記プロパティを追加してもいけるらしい。application.ymlでは駄目なので注意すること。

上記プロパティを指定しないと何故かmyBatisのプロパティ読み込みが失敗してしまう。SpringBootアプリケーションならば問題なく起動するのだが。

以下は参考にしたURL。

Cannot deploy war file to the Tomcat with Spring Boot 2.2.0.M3 · Issue #350 · mybatis/spring-boot-starter · GitHub

Constructor binding can fail with non iterable property sources · Issue #17098 · spring-projects/spring-boot · GitHub

→ これを見るとfixしたらしいのだが……? デグレった?

 

  • apiサーバ(その他)が起動しない

jetty上で起動しなかった。STS上(Pivotal tc Server)では起動した。
jettyの場合は以下のエラーが出る。

WebAppContext:main: Failed startup of context o.e.j.w.WebAppContext..略
 java.lang.RuntimeException: Error scanning entry module-info.class from jar ..略
 java.lang.RuntimeException: Error scanning entry META-INF/versions/9/org/apache/logging/log4j/util/ProcessIdUtil.class from jar ..略

どうも依存ライブラリ中にjava9対応のものがあると9.4.9より前のjettyだとエラーとなってしまうらしい。SpringBootというよりはjettyの問題であるようだ。
jettyを9.4.9にすることで起動した。
ちなみにjettyのコンソールログを出力するにはにはstart.iniに--module=console-captureを追記するとよい。

参考にしたURLは以下。

java - Error scanning entry "module-info.class" when starting Jetty server - Stack Overflow

もう一つの解決方法としては依存しているライブラリのバージョン(classmateとlog4j-api)をさげてビルドすることだ(classmateは1.4,log4j-apiは2.8.2)。

だが一応起動はするが素直にjettyのバージョンを上げたほうがよさげではある。

 

 追加検証

SpringBoot2.2.1が正式にリリースとなったので改めて検証した。

そしてtomcat起動不能の件は解消していることを確認した(VMオプションの指定がなくても大丈夫)。

jettyの件はjettyの問題であるためやはり駄目だった。

 

 

 

 

 

 

2019 東京(3)

10月は元々京都にいくつもりだった。だが遠征する日によりにもよって台風が押し寄せて来てしまった。ただ進路的には京都は大丈夫そうなので土曜日はとりあえず京都にたどり着けばいいぐらいに考えていたら新幹線が終日運休となってしまった。万事休す。仕方がないから中山競馬場から参戦しようかと思ったら関東の場外馬券売り場はすべて営業中止となってしまった。もはや何もできない。TVで観戦するしかなかった。もっともG1の本命は見事に外れたので命拾いしたとも言えるけど。
三連休は家でゴロゴロ過ごすしかないのか。む? 月曜日は無事開催するのか。翌日は仕事なのだけど消化不良のままだし行くしかない。
と、いうわけで図らずも三回目の東京遠征となった。

10月14日

 台風は13日には過ぎ去ってしたがいろいろと爪痕を残していた。幸い住んでいる近くには川はないので特に被害はなかったがTVをつけたら各地がえらいことになっている。そんな中競馬に行くのは業が深いだろうかとちょっとだけ思ったが電車に乗って(江戸川の土手もまた水浸しになっていてちょっとビビった)競馬場に近づく頃にはすっかり頭からそんなことは消えていた。
いつものように神社にお参りを済ましたあと、今回は馬霊塔にもお参りしてから競馬場へと入った。
台風が去ったあとはよく晴れていたのだが今日は朝から雨が降っている。馬場状態はダートが重で芝が良。荒れるレートとなるのだろうか。では勝負開始!

思ったよりもレースは荒れていない。上位人気馬ばかりが来ると賭け方的にちょっと分が悪い。3Rはちょっと波乱だったが取り逃がしてしまった。候補としては上がっていたのだが。特にいいところがないまま昼食となった。

f:id:newWell:20191014115019j:plain

梅屋の肉南そば

最近の昼食はなんだかちょっとおざなり感がなくもない。ただ元々の昼食予算は500円しかなく(今回のそばも50円オーバだったりする)、もう少し豪華にしたければ勝つしかないのだ。
ただ今の有様では昼食ではなく夕食の心配をしなければいけなくなるかもしれない。……気を取り直していこう。

5Rは単勝こそ取り逃がしたが15番人気だった馬の複勝が取れたのでかなりついた。とりあえず悲惨な夕食とはならずに済みそうだ。しかし……

後ろ向きに考えたことで運が逃げていったのか冴えない結果ばかりが続く。7Rは頭数が少ないので複勝を買わなかったのだが複勝が2位までとなるのは7頭以下のときらしい。ちょっと早まってしまった。このままパッとしないまま終えてしまうのだろうか。

だがメインレースが見事に的中! 単勝だけだが事前に予想して本命にしていた馬だけあってとっても嬉しい。最初はほぼビリだったのでこりゃ駄目かと思っていたが最後に一気に抜き去っていってしびれた。スカーレットカラー。覚えておこう。
この勢いで最後も取るぞ! と意気込んだが(複勝買わなかったし)残念ながら外してしまった。
さて、それでは結果。
単勝:1勝11負
複勝:2勝6負
ワイド:1勝1負
馬連:0勝1負
3連単:0勝2負
残金:10,150円(回収率:84.6%)

惜しい! 最終レース当てていれば勝利めしだったかもしれないのに。メインレースの単勝をもう少し厚めに買えばよかったかも。なにせ獲得金自体は複勝があたった5Rのほうが大きかったのだ。
残念ながら今回もまた敗者めしとなった。とはいえもう少しで勝てたかもしれないぐらいのお金は残っているので多少は贅沢できる。
というわけで今回の店は府中駅近くのレストラン東北牧場にした。
ここはバイキング形式でいろいろ食べれるしアルコール飲み放題もつけれる。面白いのは野草のメニューがいろいろあるところだ。ビールをまず自分でついでからいろいろ食べていった。バイキングはちょっとづついろいろ食べれるのが嬉しい。

f:id:newWell:20191014171321j:plain
f:id:newWell:20191014172850j:plain
f:id:newWell:20191014175252j:plain
f:id:newWell:20191014181251j:plain


いろいろ取ったのですべては書ききれないが野草のメニューは次のようなものがある。ギシギシオイルサーディン、生ハムたんぽぽ握り、豚肉のハコベ焼き、アカザとツナの和え物、サーモンのよもぎ蒸し、サーモンの熊笹ソース、オオバコ載せクラッカー。あとは東北フェアということでお麩の田楽やいかの寿司などがあった。
うん。ちょっとづつとはいえ食べ過ぎたかもしれない。100分の時間ギリギリまで結局居座ってしまった。ちなみに写真にはとってないがこのあとデザートをさらに2つとコーヒを飲んだりしている。
飲み放題付きで3980円(税抜)。勝利めしだったらローストビーフ食べ放題も付けたのだが十分満足できる内容だった。
来週は今度こそ京都へ遠征しよう!

 

2019 東京(2)

10月に入り東京・京都開催が始まった。来週には京都に行くのでその前哨戦という位置づけで土曜日のみ東京競馬場に参戦してきた。
そもそも東京競馬場へはいくつもりがなかったが、先週の中山競馬場の最終日にG1レース目的に軽い気持ち参戦し3000円が12000円に化けるという珍事があったため急遽参加を決めた。
中山競馬場で試した買い方が果たして通用するのか。ちなみに買い方とはなんのことはない。自分の予想を捨てるということである。パドック推奨の中の人気薄(10倍代)の単勝を買い、複勝には無難な二頭と穴馬二頭(いなければオッズのよい馬一頭)を買うというものだ。
中山競馬場ではこれが的中し単勝の数こそ少ないが回収率はいまだかつてないものとなった。事前準備も不要になったので楽だ。一応メインレースは予め予想を立てるがそれにはもうこだわらない。どうせ当たらないのだし(悲しいことだが)。

10月5日


10月だというのに未だに半袖の格好をしている。特に今日は雲があまりなく日差しが強いためかとても暑い。夏のようだ。帽子を持ってくればよかったかもしれない。
府中本町駅に降りたあと大國魂神社金比羅神社に戦勝祈願をして競馬場へと向かった。そういえばここにも馬の慰霊碑はないのだろうか。探し回ったが結局見つからなかった。あとで地図を見てみたら正門の外に馬霊塔があった。今度参拝することにしよう。
それではレース開始といこう。

うむむ。やはり苦しい。
開幕週であるためかそうそう波乱も起きないようで順当に勝負は進んでいく。そのため人気薄を狙う買い方をしているため当然当たらない。まあ中山競馬場のときも最初は全く当たらなかったのだからまだまだ焦るのは早い。
4Rこそ狙いとおりではあったのだが別の馬が来てしまった。こっちにしておけば今日は勝利めし確実だったのに。
まあこれからだ。昼飯を食べて次に行こう。

f:id:newWell:20191005120119j:plain

京樽カツサンド

後半戦は出だしから全滅と幸先が悪すぎる。その後もレースは順当に進んでいく。つまりは単勝がちっとも当たらない。

8Rは頭数が少ないため複勝が買えずリターンはゼロ。3連単は一頭入れておけば……(まあ3連単なんていつもそんなもんなのだが)。9Rはもうちょっとで単勝取れたのに。だが同時に勝っていた複勝が人気薄だったのでそこそこ回収は出来た。

残るは三レース。メインレースは多分順調だが最終レースはどうなるか。無難に終わるメインレースの後の最終レースは荒れるという法則は発動するのか。
では勝負!

……はい。駄目でした。メインレースは3連単とったけど1000円かけて戻ったのが1080円という有様。単勝に1000円賭けたほうがまだ良かった。最終レースも波乱も起きずに順当に終わった。さすがに良馬場の開幕週ではそうそう波乱は起きないか。この辺、来週の京都競馬場の参考にはなりそうではある。
それでは結果。

単勝;0勝11負
複勝:1勝10負
馬単:0勝1負
3連単:1勝1負
残金:6960円(回収率:58%)
今回もまた敗者めしとなった。まあ単勝が一つもない状況でよくこれだけ残ったなというべきか。
さて、今日の店は府中本町駅近くの立ち呑みたぬきだ。もっとも別に立ち飲み屋ではない不思議な店である。
メニューはたくさんあって迷ったが予算とにらめっこしながら決めた。

f:id:newWell:20191005165006j:plain
f:id:newWell:20191005165600j:plain
f:id:newWell:20191005170453j:plain
f:id:newWell:20191005171543j:plain
f:id:newWell:20191005173258j:plain
f:id:newWell:20191005173421j:plain

イカの塩辛、希少部位三点セット(タン元、ハツ元、のどがしら)、白レバー、タン串、鳥レバー串、豚バラ串、鳥ニンニク串、黒はんぺん、たたみイワシ。あとは瓶ビールにハイボール

店の客は競馬場帰りの客が多いためか競馬談義を肴に飲んでいた。こっちは一人飲みではあるがこの騒がしさが肴なのだと言える。

3300円ほど(税抜)。黒はんぺんとたたみイワシのオーダを忘れてしたらしくずいぶん後の提供となったのでそのおわびとしてハイボール代はなしにしてもらってしまった。もっともそのハイボール。本当はジンジャーハイボールを頼んだのだけど流石にそれを言うのは野暮というものである。