読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Jの衝動書き日記

さらりーまんSEの日記でございます。

スキルって何だろう?

今日業務経歴を書いていて愕然としてしまった。この10年いったい何をしていたのだろうと。経歴自体はプログラマ、というかSEとしてはそれなりにある。それは問題ではない。取得しているスキルや今後取得したいスキルや従事したい業務の欄。それが問題だったのだ。

取得しているスキルとは何か?

取得しているスキル。はて、何だろう? そう疑問に思った瞬間まずは愕然としてしまった。スキルと呼べるものは果たして何があるのだろうか。

10年近くやっているので流石に初心者レベルということは無く、一応中級者ぐらいの腕はあるとは思う。ただ、その線引きは正直微妙だ。どこからが中級者なのだろうか?  設計書を書いて実装することは当然出来るし、初心者に指導も出来る。でも、それで中級者なのだろうか。そもそも何の中級者だ。プログラマか。でもプログラマ中級者がスキルである・・・何か違う気がする。

C言語での開発経験はある。Objective-CJavaもある。でもスキルだろうか。正直言って、ググればいくらでもサンプルコードはあるのだから案外すんなり書けてしまう。自分も関数・クラスリファレンスが無ければ書けないし、困った時はググっている。そんなレベルでスキルと呼んでいいのか。その他、SQLJSP、諸々あるが、同様に参考書が手放せない。そんなものスキルではないだろう。ただコマンド名やクラス名を参考書を見ないですんなり書けるのがスキルなのだろうか。そんな疑問もある。

そう考えるとスキルと呼べるものが何一つ無いのだ。これは困った。結局CやJavaの開発スキルとは書いたが何となく後ろめたいままである。考えてみれば、自分を客観化し、定量化するスキルに欠けているのかもしれない。

考えてみたら先が見えない

それ以上に困ったのが取得したいスキルや従事したい業務の欄である。とりあえず思いついたのが、『特にない』であるが、これは流石にまずい。でもそうとしか言いようがないのも事実だ。

スキルに関しては現状が上のようにお寒い状況なので望むべくもない。何となく気になるものはあるが、何処までいったら『身につけた』状態になるのだろう。一応それらしく書いては見たが、多分本心ではない。ここにきて自分が見えなくなって来た。

業務の欄に関しても同様だ。開発現場がいいのは確かだが、現状維持なのとはちょっと違う。何せ現状は正直楽しくはない。かと言って仕事はそんなものだという割り切りも覚悟もまだ出来ない。でも楽しい開発現場と書くのは違う。そんなものは従事したい業務ではない。多分携帯分野とか、そういう話だとは思うが、特に希望はないのだ。もちろん残業がないのにこしたことは無いが。

現状の自分も見えず、将来の展望も描けない。そんな状況を業務経歴を書いている時に気づいてしまった。長々と書いたがようするにそういう事である。