読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Jの衝動書き日記

さらりーまんSEの日記でございます。

C++環境構築メモ(Winsows XP)

お仕事で、C++を使ったので、環境設定方法を備忘録として残しておく。
各バージョンはお仕事で採用していただけなので、この構成じゃないと出来ないというわけではない。

インストール

1. Cygwinをインストール

Install or update now!をクリックして、setup.exeをdownloadして実行。setup.exe自体は、C:\tmp\cygwinなど一時ディレクトリを作っとくのが吉。ダウンロード済のものがある場合、それを使っても良い。DevelをInstallに変更してからインストールを実行すること。

2. Cygwinインストール後にやること
  • C:\cygwin\binにパスを通す(cygwinをインストールした場所\binにパスを通す)
  • C:\cygwin\bin\g++.exeを消し、g++-3.exeをコピーして名前をg++.exeにする

g++.exeはリンク設定されているが、DOS窓からだと上手くこれが呼び出せない。故にeclipse上でmakeしようとしても上手くいかないから置き換える。Cygwin窓からやる場合は特に必要の無い作業。

  • C:\cygwin\bin\make.exeをパッチバージョンに置き換える。

makeパッチのURL:http://www.cmake.org/files/cygwin/make.exe
eclipseからmakeを実行した時、multiple target patterns. Stop. と出る時の対策
参照:http://d.hatena.ne.jp/bopperjp/20090331/1238521486

3. log4cxxをインストール

READMEファイル通りの手順でMakeを行う。Cygwin窓で実行。
C:\cygwin\tmpなどにlog4cxx-0.9.7.tar.gzを置き、展開してmakeする。

cd /tmp
tar zxf log4cxx-0.9.7.tar.gz
cd log4cxx-0.9.7
./autogen.sh
./configure
make
make check
make install

/usr/local(C:\cygwin\usr\local)にインストールされる。

なお、log4cxxを使う場合、リンク時オプションで、-lxml2の指定も必要だった。無いと_xmlFreeDocが無いとリンク時に怒られる。

4. xerces-cをインストール

Readme.html通りの手順でMakeを行う。cygwin用の記述があるのでそれで行うこと。Cygwin窓で実施。
なお、make自体は途中で失敗するが、depdom関連のものなので気にしないことにした。非推奨らしい。

cd /tmp
tar zxf xerces-c-src_2_8_0.tar.gz
cd xerces-c-src_2_8_0
export XERCESCROOT=/tmp/xerces-c-src_2_8_0
cd src/xercesc
./runConfigure -pcygwin -cgcc -xg++
make -> 途中でエラーでコケる
make install -> 途中でエラーでコケる

必要なのはlibxerces-c28.dll.aなどなので、/usr/local/libにこれがインストールされていればOKとする。
(追記)
xerces-c自体は、cygwinインストール時に入っていた。ただし、3.0.1なので、versionが違う。cygwinインストール時に除外した方がいいかも。
xerces-cのバージョンは、xercesc/util/XercesVersion.hppで確認可能。